研究員紹介

[ 国際マンガ研究センター教授 ]
Sugaya Mitsuru
すがや みつる

実績・活動など

 

著書〔学術書〕
『リアルタイムメディアが動かす社会―市民運動・世論形成・ジャーナリズムの新たな地平―』(東京書籍、2011年)
すがやみつる「第五講 メディアとしてのネットワーク」

家島明彦編著『ビジュアル・ナラティヴとしてのマンガ:マンガ/小説/映画の中の視点から』(ratik、2015年)[9~51頁、74~79頁]

『学校教育におけるマンガの可能性を探る(早稲田教育ブックレット NO.18)』(学文社、2018年)
すがやみつる「プロを目指さないマンガ学部学生のマンガ教育とは?」[43~51頁]

前川修、奥村弘編『マンガ/漫画/MANGA -人文学の視点から-』(神戸大学出版局、2020年)
すがやみつる「機能マンガとジャーナリズム ―ノンフィクションマンガの確立に向けて」[60~70頁]

著書〔学習マンガ(児童向け)〕
『ラジコンカー大事典』(講談社、1979年)
『こんにちはマイコン(全2巻)』(小学館、1982年)
『Windows95らくらくパソコン新入門』(共著、小学館、1996年)
『学習漫画 パソコン大すき!』(共著、集英社、2001年)

著書〔学習マンガ(大人向け)〕
『こんにちはニューメディア』(徳間書店、1984年)
『こんにちはQCサークル』(共著、プレジデント社、1985年)
『コミック版ハム問題集』(共著、CQ出版社、1985年)
『コミック版一番わかりやすい株入門』(共著、講談社、1985年)
『ザ・商社』(エムアイエー、1985年)
『おもしろパーソナル・メディア』(講談社、1985年)
『ザ・銀行』(エムアイエー、1985年)
『一番わかりやすい株中級』(共著、講談社、1986年)
『注目株買指南 甦える饅頭こわい』(共著、エムアイエー、1986年)
『こんにちは税務調査です』(共著、税務研究会出版局、1987年)
『ビジネスマン最新情報活用法』(有楽出版社、1987年)
『コンピュータ・マッピング入門』(、共著、コクサイ・クリエイティブ、1987年)
『これならわかるマンガ・パソコン入門』(共著、学研、1987年)
『これならわかるマンガ・ワープロ入門』(共著、学研、1987年)
『すがやみつるのマンガ一太郎入門』(共著、学研、1989年)
『すがやみつるのマンガロータス1-2-3入門』(共著、学研、1989年)
『すがやみつるのマンガ・パソコン通信入門』(共著、学研、1991年)
『すがやみつるのマンガ・MS-DOS入門』(共著、学研、1991年)
『エネルギーを考える』(単著、有楽出版社、1993年)
『すがやみつるのマンガMac入門』(共著、学研、1993年)
『すがやみつるのマンガWindows入門』(共著、学研、1994年)
『マンガでわかる小説入門』(共著、ダイヤモンド社、2005年)

〔著書〕実用書・専門書(非マンガ)
『漫画で億万長者になろう』(有楽出版社、1984年)
『実戦! パソコン通信』(エムアイエー、1986年)
『VANがわかった!』(講談社、1986年)
『すがやみつるのすぐできるパソコン通信』(共著、アスキー、1986年)
『すがやみつるのすぐできるワープロ入門』(共著、アスキー、1986年)
『いまパソコン通信がおもしろい』(徳間書店、1987年)
『ライバルに大差をつける超速読トレーニング』(徳間書店、1987年)
『新・電話時代1989』(データハウス、1989年)
『できるヤツらのワープロ・パソコン通信100課』(徳間書店、1989年)
『CompuServe徹底活用マニュアル』(HBJ出版局、1990年)
『F1スーパー情報ガイドブック』(データハウス、1991年)
『インディカー マル秘 講座』(データハウス、1993年)
『F1天国』(共著、データハウス、1993年)
『パソコン通信で英語がわかった』(青峰社、1994年)
『これならわかるマルチメディア』(実業之日本社、1994年)
『ザウルスネット手のひら通信入門』(アスキー、1994年)
『Avalon公式ガイドブック』(共著、アスキー、1995年)
『作家・ライター志望者のための電脳文章作法』(小学館、1999年)
『仮面ライダー青春譜』(ポット出版、2011年)

〔学術論文〕
マンガ初学者のための4コママンガeラーニングコースの設計と実践 単著
日本教育工学会 日本教育工学会研究報告集 2010(2) 2010.5.15 87~94頁

マンガ初学者のための4コママンガeラーニングコースの設計と実践 単著
早稲田大学人間科学学術院 人間科学研究 24(1) 2011.3.26 95~95頁

〔口頭発表〕(主なもののみ)
『コンピュータネットワーク30年史』(単独、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科・特別講演、2009年9月)

『教育と美学』(共同、日本ソフトウェア技術者協会・新春教育フォーラム2010シンポジウム、2010年1月)

『学習マンガにおける表現の違いが内容の理解と読みの速度に及ぼす効果』(単独、日本マンガ学会第10回大会、2010年6月)

『マンガが人に与えるポジティブな影響―ツイッター・ユーザーによるアンケート結果の考察』(単独、日本マンガ学会第11回大会、2011年6月)

『シンポジウム都市のなかのミュージアム、アート、そして大学 ―石巻・京都・横浜』(共同、横浜北仲スクール、2011年10月)

『好奇心が開く扉~漫画とネットとアマチュア無線』(単独、ハムフェア2012(総務省)、2012年8月)

『「ゲームセンターあらし」&「こんにちはマイコン」のできるまで』(単独、明治大学米沢嘉博記念図書館「すがやみつる展:『ゲームセンターあらし』とホビーマンガ」記念トークイベント、2013年3月)

『マンガと教育に関する研究の展開 : 授業においてマンガを活用する実践に注目して』(共同、日本教育心理学会第55回総会企画シンポジウム、2013年8月)

『教材開発におけるクリエイティビティとは何か?―学習効果の周辺を考える』(共同、日本教育工学会第32回全国大会、2016年9月)

『シンポジウム「デジタル時代のマンガ」第1部「作家の視点から」』(共同、日本マンガ学会第18回大会、2018年6月)

『マンガを教育・学習に活用するために―学習マンガと娯楽マンガ、意図的な学習と結果的な学習』(共同、日本教育心理学会第61回総会、2019年9月)

〔著書〕娯楽マンガ
『新・仮面ライダー』(全2巻、共著、秋田書店、1973年)
『仮面ライダーV3』(共著、秋田書店、1973年)
『仮面ライダー・ストロンガー』(全2巻、共著、秋田書店、1975年)
『真田十勇士』(共著、学研、1975年~)
『がんばれロボコンけっさく選』(共著、徳間書店、1975年)
『タケルが行く!』(永岡書店、1976年)
『赤い死神』(永岡書店、1976年)
『ロボット110番』(共著、徳間書店、1977年)
『マシン刑事999』(全5巻、講談社、1977年~)
『ラジコン探偵団』(全2巻、講談社、1979年)
『ダイナマイトどんどん』(共著、徳間書店、1979年)
『ゲームセンターあらし』(全17巻、小学館、1980年~)
『少年戦闘隊オーロラ7』(双葉社、1981年)
『炎のサーキット』(全3巻、双葉社、1982年)
『ふくめんせいぎマン』(双葉社、1982年)
『マイコン電児ラン』(全2巻、小学館、1983年)
『黄金の道』(祥伝社、1986年)
『未来戦隊アスガード7』(全2巻、共著、復刊ドットコム、2017年)
『ゲームセンターあらし炎のベストセレクション』(小学館、2019年)

〔著書〕小説(すべて菅谷充名義、代表作のみ)
『漆黒の独立航空隊』(全3巻、有楽出版社、1994年)
『米本土焦土戦線』(全3巻、有楽出版社、1995年)
『灼熱の走路』(全2巻、有楽出版社、1995年)
『サラリーマンのためのパソコン入門講座・殺人篇』(アスペクト、1996年)
『龍の伝説』(全3巻、ニューズ出版、1996年~)
『旭日のGP』(全2巻、学研、2003年)

著書〔学術書〕

「第五講 メディアとしてのネットワーク」、『リアルタイムメディアが動かす社会―市民運動・世論形成・ジャーナリズムの新たな地平―』(東京書籍、2011年)

・家島明彦編著『ビジュアル・ナラティヴとしてのマンガ:マンガ/小説/映画の中の視点から』(ratik、2015年)[9~51頁、74~79頁]

「プロを目指さないマンガ学部学生のマンガ教育とは?」、『学校教育におけるマンガの可能性を探る(早稲田教育ブックレット NO.18)』(学文社、2018年)[43~51頁]

「機能マンガとジャーナリズム ―ノンフィクションマンガの確立に向けて」、前川修、奥村弘編『マンガ/漫画/MANGA -人文学の視点から-』(神戸大学出版局、2020年)[60~70頁]

 

著書〔学習マンガ(児童向け)〕

・『ラジコンカー大事典』(講談社、1979年)

・『こんにちはマイコン(全2巻)』(小学館、1982年)

・『Windows95らくらくパソコン新入門』(共著、小学館、1996年)

・『学習漫画 パソコン大すき!』(共著、集英社、2001年)


著書〔学習マンガ(大人向け)〕

・『こんにちはニューメディア』(徳間書店、1984年)

・『こんにちはQCサークル』(共著、プレジデント社、1985年)

・『コミック版ハム問題集』(共著、CQ出版社、1985年)

・『コミック版一番わかりやすい株入門』(共著、講談社、1985年)

・『ザ・商社』(エムアイエー、1985年)

・『おもしろパーソナル・メディア』(講談社、1985年)

・『ザ・銀行』(エムアイエー、1985年)

・『一番わかりやすい株中級』(共著、講談社、1986年)

・『注目株買指南 甦える饅頭こわい』(共著、エムアイエー、1986年)

・『こんにちは税務調査です』(共著、税務研究会出版局、1987年)

・『ビジネスマン最新情報活用法』(有楽出版社、1987年)

・『コンピュータ・マッピング入門』(共著、コクサイ・クリエイティブ、1987年)

・『これならわかるマンガ・パソコン入門』(共著、学研、1987年)

・『これならわかるマンガ・ワープロ入門』(共著、学研、1987年)

・『すがやみつるのマンガ一太郎入門』(共著、学研、1989年)

・『すがやみつるのマンガロータス1-2-3入門』(共著、学研、1989年)

・『すがやみつるのマンガ・パソコン通信入門』(共著、学研、1991年)

・『すがやみつるのマンガ・MS-DOS入門』(共著、学研、1991年)

・『エネルギーを考える』(単著、有楽出版社、1993年)

・『すがやみつるのマンガMac入門』(共著、学研、1993年)

・『すがやみつるのマンガWindows入門』(共著、学研、1994年)

・『マンガでわかる小説入門』(共著、ダイヤモンド社、2005年)


〔著書〕実用書・専門書(非マンガ)

・『漫画で億万長者になろう』(有楽出版社、1984年)

・『実戦! パソコン通信』(エムアイエー、1986年)

・『VANがわかった!』(講談社、1986年)

・『すがやみつるのすぐできるパソコン通信』(共著、アスキー、1986年)

・『すがやみつるのすぐできるワープロ入門』(共著、アスキー、1986年)

・『いまパソコン通信がおもしろい』(徳間書店、1987年)

・『ライバルに大差をつける超速読トレーニング』(徳間書店、1987年)

・『新・電話時代1989』(データハウス、1989年)

・『できるヤツらのワープロ・パソコン通信100課』(徳間書店、1989年)

・『CompuServe徹底活用マニュアル』(HBJ出版局、1990年)

・『F1スーパー情報ガイドブック』(データハウス、1991年)

・『インディカー マル秘 講座』(データハウス、1993年)

・『F1天国』(共著、データハウス、1993年)

・『パソコン通信で英語がわかった』(青峰社、1994年)

・『これならわかるマルチメディア』(実業之日本社、1994年)

・『ザウルスネット手のひら通信入門』(アスキー、1994年)

・『Avalon公式ガイドブック』(共著、アスキー、1995年)

・『作家・ライター志望者のための電脳文章作法』(小学館、1999年)

・『仮面ライダー青春譜』(ポット出版、2011年)


〔学術論文〕

・「マンガ初学者のための4コママンガeラーニングコースの設計と実践」 単著

日本教育工学会 日本教育工学会研究報告集 2010(2) 2010.5.15 87~94頁

・「マンガ初学者のための4コママンガeラーニングコースの設計と実践」 単著

早稲田大学人間科学学術院 人間科学研究 24(1) 2011.3.26 95~95頁


〔口頭発表〕(主なもののみ)

・『コンピュータネットワーク30年史』(単独、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科・特別講演、2009年9月)

・『教育と美学』(共同、日本ソフトウェア技術者協会・新春教育フォーラム2010シンポジウム、2010年1月)

・『学習マンガにおける表現の違いが内容の理解と読みの速度に及ぼす効果』(単独、日本マンガ学会第10回大会、2010年6月)

・『マンガが人に与えるポジティブな影響―ツイッター・ユーザーによるアンケート結果の考察』(単独、日本マンガ学会第11回大会、2011年6月)

・『シンポジウム都市のなかのミュージアム、アート、そして大学 ―石巻・京都・横浜』(共同、横浜北仲スクール、2011年10月)

・『好奇心が開く扉~漫画とネットとアマチュア無線』(単独、ハムフェア2012(総務省)、2012年8月)

・『「ゲームセンターあらし」&「こんにちはマイコン」のできるまで』(単独、明治大学米沢嘉博記念図書館「すがやみつる展:『ゲームセンターあらし』とホビーマンガ」記念トークイベント、2013年3月)

・『マンガと教育に関する研究の展開 : 授業においてマンガを活用する実践に注目して』(共同、日本教育心理学会第55回総会企画シンポジウム、2013年8月)

・『教材開発におけるクリエイティビティとは何か?―学習効果の周辺を考える』(共同、日本教育工学会第32回全国大会、2016年9月)

・『シンポジウム「デジタル時代のマンガ」第1部「作家の視点から」』(共同、日本マンガ学会第18回大会、2018年6月)

・『マンガを教育・学習に活用するために―学習マンガと娯楽マンガ、意図的な学習と結果的な学習』(共同、日本教育心理学会第61回総会、2019年9月)


〔著書〕娯楽マンガ

・『新・仮面ライダー』(全2巻、共著、秋田書店、1973年)

・『仮面ライダーV3』(共著、秋田書店、1973年)

・『仮面ライダー・ストロンガー』(全2巻、共著、秋田書店、1975年)

・『真田十勇士』(共著、学研、1975年~)

・『がんばれロボコンけっさく選』(共著、徳間書店、1975年)

・『タケルが行く!』(永岡書店、1976年)

・『赤い死神』(永岡書店、1976年)

・『ロボット110番』(共著、徳間書店、1977年)

・『マシン刑事999』(全5巻、講談社、1977年~)

・『ラジコン探偵団』(全2巻、講談社、1979年)

・『ダイナマイトどんどん』(共著、徳間書店、1979年)

・『ゲームセンターあらし』(全17巻、小学館、1980年~)

・『少年戦闘隊オーロラ7』(双葉社、1981年)

・『炎のサーキット』(全3巻、双葉社、1982年)

・『ふくめんせいぎマン』(双葉社、1982年)

・『マイコン電児ラン』(全2巻、小学館、1983年)

・『黄金の道』(祥伝社、1986年)

・『未来戦隊アスガード7』(全2巻、共著、復刊ドットコム、2017年)

・『ゲームセンターあらし炎のベストセレクション』(小学館、2019年)


〔著書〕小説(すべて菅谷充名義、代表作のみ)

・『漆黒の独立航空隊』(全3巻、有楽出版社、1994年)

・『米本土焦土戦線』(全3巻、有楽出版社、1995年)

・『灼熱の走路』(全2巻、有楽出版社、1995年)

・『サラリーマンのためのパソコン入門講座・殺人篇』(アスペクト、1996年)

・『龍の伝説』(全3巻、ニューズ出版、1996年~)

・『旭日のGP』(全2巻、学研、2003年)

トップページ 研究顧問・研究員 すがや みつる