研究員紹介

[ 共同研究員 ]
Inomata Noriko
猪俣紀子

実績・活動など

著書

  • 「フランスにおけるマンガ研究」『日本マンガと「日本」海外の諸コミックス文化を下敷きに』、
    ジャクリーヌ・ベルント編著、京都精華大学国際マンガ研究センター、2014年、235-248頁
  • 「フランスの少女向け媒体におけるBD」『世界のコミックスとコミックスの世界-グローバルなマンガ研究を聞くために』
    ジャクリーヌ・ベルント編著、京都精華大学国際マンガ研究センター、2011年、173-184頁 猪俣紀子
  • 三浦信孝、西山教行編著『現代フランス社会を知るための62章』(明石書店、2010年)猪俣紀子「マンガ-9番目の芸術-」、94-99頁
  • "Cultures croisées Japan - France" 共著、Peter Lang,フランス、2007年 Noriko INOMATA、「Le manga et sa diffusion : une analyse de ses caractéristiques」、pp.95-104

  • 論文

  • 谷本奈穂、東園子、山中千恵、増田のぞみと共著「フランスにおける日本アニメの受容——二層化するリテラシー」、『情報研究』、関西大学総合情報学部、第39号、2013年、37-50頁
  • 伊藤遊、山中千恵、吉村和真と共著「マンガを誰が、何のために集めるのか-フランス〈マンガミュージアム〉CIBDIの事例から-」、『京都精華大学紀要39号』、京都精華大学、2011年、211-224頁
  • 「マンガ、その流通と形態」『「交叉する文化」報告集、』大阪府立大学。2007年、317-328頁
  • 「フランスにおける若者マンガ読者層とBD」『マンガ研究』第11号、日本マンガ学会、2007年、6-15頁
  • 「フランスにおける日本アニメ・マンガの受容」『マンガ研究』第3号、日本マンガ学会、2003年、117-127頁


    翻訳 

  • 『オリブリウスのゆかいな冒険』、ジョゼ・パロンド、くらしき絵本館、2010年
  • 『ジェローム・バルベス作品集Jérôme Boulbès』、東京FMウェブサイト、2008年~2009年、計4回
  • 『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』、ジョゼ・パロンド、ルイス・トロンダイム、くらしき絵本館、2008年
  • Nathalie Bugon、猪俣紀子「Jacaranda(ジャカランダ)」、しりあがり寿、Milan(フランス)、2006年

  • 通訳

  • 京都国際マンガミュージアムシンポジウム「フランス・コミックス作家ルスタルの世界―マンガとアートを渡す橋」(2010年10月)
  • シンポジウム第二部、(パネリスト:ジャックリーヌ・ベルント教授[京都精華大学]、吉岡洋教授[京都大学])
  • 関西日仏学館イベント「リュシー・アルボン講演会」(2009年2月、於関西日仏学館)嵯峨芸術大学竹中らん子ゼミ「エマニュエル・ギベール、トークイベント」、(2008年3月、於トランスポップギャラリー)(共同通訳:佐藤文郎[前半]、猪俣紀子[後半])

  • 学会発表

  • フランス・コミックス作家ルスタルの世界―マンガとアートを渡す橋(2010年10月、於京都国際マンガミュージアム)シンポジウム第一部 (発表者:原正人、猪俣紀子)
  • 関西日仏学館イベント「ルスタルの見た日本」(2010年10月、於関西日仏学館) 司会
  • 第1回国際学術会議「世界のコミックスとコミックスの世界-グローバルなマンガ研究の可能性を開くために」、(2009年12月、於京都国際マンガミュージアム)猪俣紀子「フランスの少女向け媒体におけるBD」
  • 吉備高原国際交流親善会「ハッピートーク」(2009年7月、於岡山後楽ホテル)、トークイベント猪俣紀子「フランス、本の世界―子どもの読み物を通して―」
  • 京都国際マンガミュージアム研究会「マンガ VS BD③」(2009年1月、於京都国際マンガミュージアム)猪俣紀子「マンガと翻訳」
  • 関西日仏学館イベント「ニコラ・ド・クレシー講演会」(2008年3月、於関西日仏学館)(パネリスト:山田祐史、猪俣紀子)
  • 神戸大学人文学研研究科フォーラム「ヨーロッパにおける〈マンガ〉と〈日本〉」(2008年12月、於神戸大)猪俣紀子「フランスおけるマンガとBD」
  • IAICS (International Association for Intercultural Communication Studies)、2007年6月、於ハルビン)
    Noriko INOMATA「Creation of Young Female Manga Readers」
  • ICAF(International Comics and Forums)、ワシントンDC、2007年10月
    Noriko INOMATA「Establishment of the female manga genre in Japan and France」
  • 日本マンガ学会第七回大会、(2007年6月、於京都精華大学)猪俣紀子「フランスにおけるマンガ若者読者層とBD」
  • 「地域学による地域活性化と高度人材養成」事業「交叉する文化」、(2006年9月、セルジーポントワーズ大学[フランス])Noriko INOMATA「Le manga et sa diffusion : une analyse de ses caractéristiques」
  • 日本マンガ学会第二回大会、(2002年10月、於パシフィコ横浜)猪俣紀子「フランスにおける日本アニメ・マンガの受容」
  •  
    学会・社会活動

  • 日本マンガ学会ニューズレター連載、「フレンチマンガライフ」(2005年~現在)
  • くらしき絵本館設立(2008~現在)

トップページ 研究顧問・研究員 猪俣紀子